ゲーリーワームの動きを知る!テクニック&セオリー集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーリーワームのムック本

もうすでに数多くのブロガーさんが紹介しているムック本「Finesse Fishing with Gary Familiy」。

 

僕も最近購入して読んでいます。

 

ゲーリーワームと言えば僕のなかでは4インチグラブ。

確か僕が初めてバスを釣ったのもゲーリーヤマモトの4インチグラブでした。

 

 

バス釣り復活して久しぶりに釣具屋に行ったら・・・

ゲーリーワームの種類がめっちゃ増えている!!

 

僕が釣りしていた時代は4インチグラブばっかりでヤマセンコーやレッグワームなんて無かった気がします。

 

それが今や凄い種類の多さで選ぶのに困るくらいありますよね。

このムック本ではゲーリーワームを使った様々なリグ・テクニックが学べて読みごたえがあります!

 

 

 

【スポンサーリンク】




 

ためしにリグってみた

ムック本を読んでさっそくリグって使ってみたのがレッグワーム2.9インチのスナッグレス・ネコリグ。

 

カバー周りを攻めるのに有効なスナッグレス・ネコですが、レッグワーム2.9インチにすることによりフォール中のアクションでもバスにアピールできます。

 

ちなみにリグってみた感想は・・・

すごくモロい!!

 

ゲーリー素材の宿命なのか塩が入っていることで脆くて、NSSフックを通す時に1発で中心を通さないと・・・

その1本のワームは壊れやすくなってしまいました。

 

 

OSPドライブクローラー4インチだとフォールアクションはせずに着底しちゃいます。

そこを補って開発されたのがボトムアップのブレーバーですが・・・まだゲットしてません!

おっと、ゲーリーワームの話でした。

 

出典 http://i2.wp.com/basser.tsuribito.co.jp/wp-content/uploads/2017/01/07.jpg

 
【スポンサーリンク】



 

オールソルティーとハーフソルティーの違い!

塩がどれだけ入っているかでワームの動きがこうまで違うのかと参考になる動画です。

ヤマセンコーをジグヘッドワッキーで使うことで夏場の浮いているバス攻略に使ってました。

 

ジグヘッドワッキーで5インチスリムヤマセンコーをフォール&リフトで誘ってハマった時があります。

で、素材を全く気にせず購入してましたが、この動画を見ると塩の量は気にしないとなと気づかされました。

 

中層を誘う釣りをするならハーフソルトを選ばないとです!

 

 

 

【スポンサーリンク】



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

プロフィール

プロフ画像

高校入学と同時に遠ざかってしまったバスフィッシング。2016年夏にヒマだったので何となく釣りにいったらバス釣り熱が復活してしまいました!!

バス釣り復活の経緯はこちら

サイトマップ他
カテゴリー
最近のコメント