改めての適材適所のルアーセレクト、引っかからないは正義や!

 

緊急事態宣言も解除され、世の中も少しづつ活動自粛が解かれつつありますね。

 

 

釣りの自粛も、房総リザーバーのレンタルボート店なんかでは解除されているようですし

 

 

(制限ありの解除なのかは不明・・・、すいやせん調べておりません!)

 

 

県をまたいだ移動も少しづつ受け入れられるようになってくるのかな?

 

 

 

 

 

 

コロナ禍における経済活動や自粛警察、中小企業や雇用者の支援、リモートワークに、

 

 

教育支援やら9月入学論などなど・・・

 

 

なんか色々と話題は盛り沢山で色々と思うこともありやすが、

 

 

ここは釣りのブログってことで触れる必要もないっすね!

 

 

 

 

 

 

コロナ禍で外出自粛が求められておりましたが、

 

 

僕は釣りにはいってました。

 

 

もちろん誰かと一緒ではなく、単独釣行。

 

 

どっか寄ったら移すかもしれんじゃろ!とか言うが、買物だって行くし、仕事にだって行っている。

 

 

必要な外出して、自分の周りでコロナ感染が起きたなんてないわけで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

釣り自粛するべき・自粛する必要なしと意見は様々あったでしょう。

 

 

個人的には過度の自粛はやり過ぎだろ派で、必要な感染予防対策はしているのだから、

 

 

良識ある範疇の中で、釣りに行くのは良しと自己判断しておりました。

 

 

とは言っても遠征なんかはするはずもなく、いつものように家からクルマで10分のフィールドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話がコロナよりになっているので本題に。

 

 

ものすごく久しぶりのブログになってしまっているのは、

 

 

まぁ気分的なものですw

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】




 

 

オカッパリでもカヤックでも引っ掛かるのは面倒!

 

Twitter上で、デカハネGPってのが開催されています。

 

 

デカハネルアーを投げて釣ろうぜって、ある種のコンテストみたいなものです。

 

 

みなさん、ダッチだのアベンダクローラーだのNZクローラーだのだの、

 

 

けっこう釣られてらっしゃる。

 

 

 

 

 

 

 

1種類のルアーを投げ続けることで、状況判断ができるようになり、

 

 

的確な判断でルアーチョイスできるようになる。

 

 

僕もスピナベなんかは春先に投げ続けて、少しは自信を持てるようになりました。

 

 

 

 

 

 

でも、デカハネは・・・

 

 

キャストミスって引っ掛かるのが怖くて攻められないんですよね・・・。

 

 

みなさんよく釣っているなぁと感心しちゃいます。

 

 

どんなフィールドで投げてらっしゃるんですかね、羽根モノ??

 

 

ルアーロスト怖くないのかなぁ~??

 

 

それとも、キャストがめちゃくちゃ上手いのか???

 

 

 

 

 

何にせよ対岸ギリギリ狙って回収不可能とか・・・

 

 

羽根モノルアーって高いから攻められないんだよね。

 

 

 

 

 

 

カヤックの時なら回収できるんだけど、

 

 

川の流れや風に流されながら釣りしていると、羽根モノって上手いこと操作できないんだよね。

 

 

カヤック操船技術の問題って話もあるのでしょうが・・・

 

 

 

 

 

 

 

羽根モノに限った話だけでは無く、トリプルフックのルアーって引っ掛かりやすいですよね。

 

 

頻繁に行くのはアシ・ガマが岸に生え、オーバーハングが点在するようなフィールド。

 

 

こんな感じ・・・

 

 

 

 

上の写真にあるように、アシ・ガマだけじゃなくて、枯れて倒れたアシ・ガマがあるわけで。

 

 

トリプルフックのルアー投げても、すぐに引っかかってストレスマックスっすわ。

 

 

 

【スポンサーリンク】



 

 

 

ってことで引っかからないルアーっすわ!

 

これからの時期に有効なルアーの1つがトップウォーター。

 

 

アフター気味なサカナには、止めて食わせの間があった方がいいのですが・・・

 

 

回復傾向のバスには早い動きでも反応します。

 

 

 

 

 

 

そんなバスには野良ネズミの速い動きが効きます!

 

 

しかもこいつは引っかからないんですよ。

 

 

(今や売れも売れているルアーなので、今更感がありますが・・・)

 

 

 

 

 

 

カヤックからだと水面と平行にロッドが触れるので、スキッピングがかなり出来ます。

 

 

オカッパリでも、割と雑に投げても引っかからない。

 

 

 

 

 

滅多に引っ掛かることない、かつ釣れる優秀なルアーです。

 

 

今日5/25もサカナを引っ張り出せました!

 

 

(ジャンプ一発バレタけどね!)

 

 

 

 

 

 

オカッパリでも対岸&レイダウンに投げてキャッチ!

 

 

しかも1回目は喰いミスって2回目で掛けたさかな。

 

 

野良ネズミ、サカナの重みがなかったら2回目でも反応します!

 

 

 

 

 

とまぁ今更感なんですが、アシ・ガマフィールドにおいて、

 

 

トップウォーターとして野良ネズミが優秀だなと改めて思ったのでした!

 

 

 

 

 

 

青木プロの著書、「適材適所のルアーセレクト」のアドバイス1.

 

 

 

引っかかる場所には、引っかからないルアーを。

 

 

って話でした!

 

 

 

 

 

2015年初版の書籍なんで、目を通したことがある人も多いかとは思います。

 

 

でも最新情報だけでなく、昔の情報でも学びになることは多いですよね。

 

 

もし、まだ目を通していないならば参考になる書籍だと思うので、目を通してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

緊急事態宣言も解除されたし、誰にも気兼ねすることなく釣りに行きたいっすね~!

 

 

ってことで、良いサカナをキャッチするためにも根掛かりストレスなく釣りしましょ~。

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】



 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

*

プロフィール

プロフ画像

高校入学と同時に遠ざかってしまったバスフィッシング。2016年夏にヒマだったので何となく釣りにいったらバス釣り熱が復活してしまいました!!

バス釣り復活の経緯はこちら

サイトマップ他
カテゴリー
タグ
最近のコメント
Twitterはじめました!
賢くポイントサイト!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントサイトについてのエントリー
https://71mrtk.com/810.html